物件補償
ホーム > 物件補償

物件補償

0BM_2地盤、建物が傾いているかどうかを知るためには、まずはレベル測量器を使用して調査します。

レベル測量器にも種類がありますが、当社が使用しているのはオートレベルという、最も一般的に使用されているものです。
 
建物の外周にレベル測量器を据えます。建物の四隅、中間点を測量点として、
基礎と外壁の間にある水切りにスケールを当てて、その目盛りを読み取ります。
その目盛りの差が地盤の高低差となりますので、その差で、工事前工事後地盤の傾き具合がわかります。
 
 
 
 
 
A2